ホンダラのあほんだらブログ

〜そして伝説へ〜

GLAYとの出会い

どうもホンダラクラッシュメンです!

 

実はわたくしめちゃくちゃGLAYファンなのであります!

一番好きなアーティストはと聞かれたら即答でGLAYと答えます!

洋楽ならビートルズが一番好きやけど、ビートルズ聴いたのがそもそもTAKUROの影響。

 

一応GLAYをあまり知らない人のために軽くメンバー紹介しておきます

TAKURO(リーダー、ギター、ピアノ、一番身長高い、あだ名リーダー)

TERU(ヴォーカル、イケボ、イケメン、あだ名テッコ)

HISASHI(ギター、中二病っぽい、2月2日生まれ、あだ名トノ)

JIRO(ベース、イケメン、他3人より一学年下、本名はJIROじゃない、あだ名JIRO)

 

俺とGLAYの出会いはCMでした。

このCMで使われている曲が恋に恋焦がれ恋に泣く」のキラーフレーズで有名なGLAYのグロリアス”って曲なんですけどね。

 

初めて聴いたときは雷に打たれたような感覚でしたよ!(実際に雷に打たれた経験は無い)

「なんやこのカッチョええ曲!」「なんやこのカッチョええ声は!」って思いましたもん!

曲のかっこよさはもちろんやけど、歌声にも衝撃を受けましたね!

TAKUROはTERUの歌声を初めて聴いた時腰を抜かしたらしい。良い意味で。

もちろん俺もこのCMを見た時腰を抜かしました!

内田有紀の可愛さに。(いや、そっちかい!)

ウソウソ。TERUの歌声に。

まあ、内田有紀の可愛さに腰を抜かしたのも事実やけど…。

てか内田有紀今も全然変わらんな!すげぇ!

 

それから時は流れ今度は友達のお母さんの車に乗っていた時にレディオから流れてきたのがこの曲だった!

「あれ!?このカッチョええ声ってアレじゃね?内田有紀のCMの人の声じゃね?GLAYって人達じゃね?」とホンダラ少年はすぐに気付いたのだ!

 

「グロリアスに続きこれもまためっちゃいい曲やん!」

BELOVEDを聴いてそう思ったホンダラ少年はもうGLAYの虜になっていた!

その日から俺の中で”グレイ”は灰色でもなく宇宙人でもなくバンド名になった!

 

ちなみに俺と同じくらいの世代の人はBELOVEDのイントロをコピーしたくてギター始めた奴多いと思う。まず俺がそうやし。

 

そこからはず〜っとGLAYファンです!

今でもGLAYは現役で活動中ですよ!

俺が小学生のガキだった頃から30過ぎた今でもずっと活動してるって凄いっすよね!

しかも一度も活動休止などせずに!

 

ていうかGLAYについて話すとなると大河ドラマ並みに長くなりそうやわ!

なので今回はとりあえずGLAYとの出会いの部分だけにしておきます。

 

ではまた!