ホンダラのあほんだらブログ

〜そして伝説へ〜

他人の推しは理解できんって話

どうもホンダラです!

 

いや~他人の異性の好みっちゅうのは分からんもんですな!(なんで漫談口調やねん!)

最近、男友達と推しの話しをしてて。

推しって言ってもアイドルではないっすよ。

普通に一般人の推しの話しです。

まあ、要は恋バナですわ。

最初からそう言えば良かったっすね。

でも恋バナて!

オッサンが恋バナて!

そんなん恥ずかしくて言えませんわ!

 

そんで、その友達の好きな人、つまり"推し"を見る機会があって。

いや~なんていうんすかね。まあ、綺麗な女性でしたよ。うん、綺麗でした。

でも、その俺の友達はできればその人とお付き合いしたいレベルで推してたんすよ。

でも正直俺の感想としては「まあ綺麗やけど別に…。」って感じなんすよ。

いや~不思議っすよね!

綺麗やしできれば付き合いたいって言う俺の友達と、綺麗やけど別になんとも思わない俺っていう2つの価値観の違いってなんなんすかね!?

俺も友達もその人の事は綺麗やと思ってるんですけどね。

でもマジで俺から言わせてもらえば、「いや何処が良いの?」ってレベルなんですよ!

いやいや、綺麗な女性なんすよ。それはもちろん綺麗なんですけどね。

でもマジで1ミリも良さが分からん!

ゴメン、それはちょっと言い過ぎたわ!

でもマジで良さがわからん!不思議!

付き合いたいって言ってる友達の感性を疑うレベルで理解できん!

でもそのくらい他人の好みって理解できんよな!?

綺麗やと思うけど付き合いたいかどうかってなってくるとガラッと話し変わってくるよな!

友達はその女性にかなりゾッコンらしいけど。

もちろん友達には正直に言いましたよ、「何処が良いの?」って。

そしたら友達から「いや、普通に良い!」って訳の分からん答えが返ってきたけど!

いや、訳分からんくはないか。そんなもんよな恋って。至極全うな意見やわ!

でも友達とは異性のタイプが違って安心したと同時に、友達のセンスを疑ってしまったわ!ゴメン!

もちろん俺にも推しはいますよ!

頼むから俺の推しも俺の事を推しててくれ!

互い推しであってくれ!(両思いみたいに言うな!)

まあおそらく、友達も俺の推しを見ると「何処が良いの?」って聞いてくるやろうけどな。

 

では!